PROJECT

和田永 エレクトロニコス・ファンタスティコス!
<2016年度>

和田永 エレクトロニコス・ファンタスティコス!とは

「エレクトロニコス・ファンタスティコス!」は古い電化製品を使ってオリジナルな楽器を産み出してきたアーティストの和田永が、あらゆる人を巻き込みながら新たな楽器を創作し、量産し、奏法を編み出し、徐々にオーケストラを形づくっていくプログラムです。
2015年2月の「滞在制作篇」からスタートし、江渡浩一郎、倉本満津留、森翔太、松崎順一、楠見清らをお招きし、プログラムの可能性について語り合いました。同年、11月23日の「初合奏遭遇篇」の開催を契機に「NICOS LAB」が発足し、LABの技術班は、プログラミング・基板製作から鉄骨造作まで。演奏班は、楽器操作の習得から参加へと導くインストラクションの研究まで、日夜多様な実験を続けています。テクノロジーを用いながらも、捨てられゆくモノにかける魔法は、身体的に音楽を奏でる喜びに溢れたものばかり。

ゆくは、全員が参加する閃きに満ちた未来の祭りへー。
この活動は始まったばかりです。

詩 「エレクトロニコス・ファンタスティコス!」

詩 「エレクトロニコス・ファンタスティコス!」

「エレクトロニコス・ファンタスティコス!」というプログラム名はこの詩からとりました。
和田永が思い描く壮大な祝祭。わたしたちはまだそのはじまりにいます。
この詩の風景を出現させるべく、プログラムは進みます。

 

集えや集え 妄想沸きあふるる愉快な人々よ
集えや集え 眠りに落ちゆくテクノロジー達よ

夜明け 微かな呼び声に導かれて 掘り起こし彷徨い
日がな 集い語らい描く そしてあちこちから産声があがる

広場にそびえ立つ電輪塔の灯火が 下から上へと明滅を刻む時
目に見えない電磁波は空へと解き放たれる
月夜はいよいよ深まり 電離層は地球の裏側と繋がる

真夜中 いよいよ祭典は幕をあける

放たれた波達は混ざり合ってはぶつかり合い
受信機を通して泡や卵のような音となって弾けてふりそそぐ

楽団はエレクトロニクスからエレクトロニコスへと変形した楽器を奏でながら
回り踊り 無限に広がるオルケストラを紡いでゆく

これは未だ見ぬ関係性の宇宙を皆で開き見る試みなのである!

やがて エキセントリコスの卵とファンタスティコスの粒々は
記憶の奥底に原風景となって焼きついてゆくだろう・・・

“エレクトロニコス・ファンタスティコス!”

―和田永―

 

NICOS LAB とは

NICOS LABはアイディアだしから本番までを和田永と共にそれぞれの得意分野を活かしながら、一緒に考え、制作し、和田永「エレクトロニコス・ファンタスティコス!」を盛り上げるチームです。これまで、実に様々なひとが参加しています。下は小学生から、上は70代まで。スキルの有る無しに関わらず、それぞれが「エレクトロニコス・ファンタスティコス!」でやりたいこと、できることに挑戦しています。

2016年度 活動実績

2017年2月

出張:MEDIA AMBITION TOKYO Live [Digitally Scape](2017.02.11)

2016年11月

~日立通電篇~ (2016.11.20)
通電日立ハイタッチ ~日立通電篇~直前実験会(2011.11.13)

2016年10月

出張:常陸大宮市制施行記念2016×茨城県北芸術祭 コラボイベント (2016.10.16)

2016年9月

出張:KENPOKU ART 2016 茨城県北芸術祭 (2016.09.17-11.20)

2016年8月

出展:Maker Faire Tokyo (2016.08.06-07)

レポート:07.24-.8.07:扇風琴ができるまで#3 トッピングイースト トライアルレジテンス <NICOS LAB>

2016年7月

NICORABAN 完全版版発行(2016.07.31)
NICORABANとは
2015年2月にスタートした「エレクトロニコス・ファンタスティコス!」は様々なアーティストや有識者、NICOS LAB(それぞれの得意分野を活かしながら、一緒に考え、制作し、本プログラムを盛り上げるチーム)と共に、日夜実験を繰り広げています。「NICORABAN」はNICOS LABメンバーがプロジェクトがスタートした2015年2月の「滞在制作篇」から第1回目のコンサートである11月23日の「初合奏遭遇篇」までを振り返るアーカイブ瓦版です。

出張:Tokyo Art Flow (2016.07.29-30)

トライアルレジデンス <NICOS LAB>活動日(2016.07.16,17,23,24)
レポート:07.16-17 扇風琴ができるまで#2 トッピングイースト トライアルレジテンス <NICOS LAB>

NICOS LAB オープンミーティング(2016.07.02)

2016年6月

トッピングイースト トライアルレジデンス <NICOS LAB>(2016.06.25-)
レポート:06.25キックオフ:扇風琴ができるまで#1 トッピングイースト トライアルレジテンス <NICOS LAB>

2016年5月

出張:Meets KENPOKU (2016.05.14)

出張:秋田(2016.05.04)

2016年4月

出張:Sound&City (2016.04.28,29)

NICORABAN Sound&City 特別版発行(2016.0429)
NICORABANとは
Sound&City特別号(6ページ)はNICOS LABメンバーのコラムのなかでもおすすめのコラムを厳選。

レポート:ボーダーシャツァイザーがワールドビジネスサテライトに紹介されました!(2016.04.22)

本事業のNICOS LABは「東京アートポイント計画」として実施しました。

  • 和田 永

    1987年東京生まれ。物心ついた頃に、ブラウン管テレビが埋め込まれた巨大な蟹の足の塔がそびえ立っている場所で、音楽の祭典が待っていると確信する。しかしある時、地球にはそんな場所はないと友人に教えられ、自分でつくるしかないと今に至る。大学在籍中よりアーティスト/ミュージシャンとして音楽と美術の間の領域で活動を開始。オープンリール式テープレコーダーを楽器として演奏するバンド『Open Reel Ensemble』を結成してライブ活動を展開する傍ら、ブラウン管テレビを楽器として演奏するパフォーマンス『Braun Tube Jazz Band』にて第13回メディア芸術祭アート部門優秀賞を受賞。各国でライブや展示活動を展開。ISSEY MIYAKEのパリコレクションでは、現在までに7回に渡り音楽を担当している。2015年よりあらゆる人々を巻き込みながら古い電化製品を電子楽器として蘇生させ合奏する祭典を目指すプロジェクト『エレクトロニコス・ファンタスティコス!』を始動させて取り組む。そんな場所はないと教えてくれた友人に最近偶然再会。まだそんなことやってるのかと驚嘆される。