• join
  • share

BLOOMING EAST × 寺尾紗穂 × CINRA.NET
「寺尾紗穂と再び東東京へ。辿り着いた、あるドイツ人宣教師の痕跡」

東東京を舞台に、アーティストが自らの興味関心をもとに様々な人に会い、様々な場所に赴き、リサーチをしていくプロジェクト「BLOOMING EAST」。
今年度はシンガーソングライターであり文筆家の寺尾紗穂と共にリサーチを行ってきました。テーマは、戦災孤児とドイツ人宣教師を巡る、東東京の知られざる歴史を浮かび上がらせること。そのリサーチの様子をカルチャーニュースサイト「CINRA.NET」とコラボし、レポートします。

▼レポートはこちら
寺尾紗穂と再び東東京へ。辿り着いた、あるドイツ人宣教師の痕跡

▼前回レポート
寺尾紗穂が東京の東エリアを探訪。見えなくなった過去を調査する

東東京でのリサーチ先を募集しています。

BLOOMING EAST×寺尾紗穂のリサーチ(調査)は、これからも続きます。

今後も東東京を軸にして、多様な価値観や文化と出会いながらプロジェクトを進めていくにあたって、お話を伺わせていただける方や訪問場所についての情報を募集しています。

主に東京の東側で、戦災孤児に関する情報、戦前からあるキリスト教教会に関する情報をお持ちの方は、メール(info@toppingeast.com)までお寄せください。

BLOOMING EAST とは

「BLOOMING EAST」は、音楽の枠に留まらずに縦横無尽に活動する音楽家が、東東京エリアを舞台に種を蒔くように多様な人々に出会い、水を遣るように土地の歴史を深く学び、いつか大輪の花を咲かせようと取り組む、リサーチ型のアートプロジェクトです。詳しくはページ下部関連プロジェクトをご覧ください。

※「BLOOMING EAST」は、東京都、アーツカウンシル東京(公益財団法人東京都歴史文化財団)、NPO法人トッピングイーストの三者共催により「東京アートポイント計画」の一環として実施されています。

  • 寺尾 紗穂

    1981年11月7日生まれ。東京出身。大学時代に結成したバンドThousands Birdies' Legsでボーカル、作詞作曲を務める傍ら、弾き語りの活動を始める。2007年ピアノ弾き語りによるメジャーデビューアルバム「御身」が各方面で話題になり,坂本龍一や大貫妙子らから賛辞が寄せられる。大林宣彦監督作品「転校生 さよならあなた」の主題歌を担当した他、 CM、エッセイの分野でも活躍中。2014年11月公開の安藤桃子監督作品「0.5ミリ」(安藤サクラ主演)に主題歌を提供している。2009年よりビッグイシューサポートライブ「りんりんふぇす」を主催。10年続けることを目標に取り組んでいる。著書に「評伝 川島芳子」(文春新書)「愛し、日々」(天然文庫)「原発労働者」(講談社現代文庫)「南洋と私」(リトルモア)がある。