2/19(日)開催! 音で世界を旅しよう! ほくさい音楽博

終了しました!ご来場ありがとうございました!

子供たちによる新聞記者体験レポートはこちら

開催概要

■日時:2017年2月19日(日)12:30開場/13:00開演(17:00終了予定)
■会場:回向院[東京都墨田区両国2-8-10]
■入場無料 、参加申込不要 ※一部体験会・飲食は有料

チラシ

クリックで拡大
ほくさい音楽博チラシ

「いままで出会ったこのとのない楽器や音楽に触れ、子供達の小さな好奇心を花開かせてほしい!」と始まった子供達のための体験型音楽博覧会「ほくさい音楽博」は今年で3年目を迎えます。参加小学生が練習を重ね、発表する公募プログラムの発表会ほかさまざまな体験会・ゲスト出演者や講師によるライブなど多彩なプログラムをご用意しています。子供はもちろん、大人も楽しめますので、ぜひ、みなさまお越しください。

【発表会】
昨年から練習を重ねてきた小学生チームが、ついにその成果を発表!

● 義太夫チームが「五条橋の段」をダイナミックに語ります![13時10分~]
● スティールパンチームがオリジナル曲を合奏![15時30分~]
● 総勢30人のウクレレチームによる大発表会![16時00分~]

【体験会】
世界中の音楽を体験してみよう!たくさんの講師の方が世界中の響きの美しい楽器や声を使った音楽を教えてくれます。

ウクレレ体験

ハワイ生まれの小さなギター。ポロロ〜ンと鳴らして歌ってみよう![14時30分~]

スティールパン体験

トリニダード・トバゴ生まれのドラム缶楽器を叩いてみよう!(整)
[①13時30分~②13時50分~]

義太夫体験

江戸時代にタイムスリップ!姿勢を正して腹から声を出す楽しさを学ぼう!
[16時20分~ ライブといっしょに]

作詩体験

言葉の職人・志人と作詩に挑戦してみよう!(整)[14時10分~]

バテリア(サンバ楽器隊)体験~パレード

回向院を飛び出して、両国駅までサンバ・パレードしよう!(整)
[①13時30分~②14時50分~]

こんなものづくり体験もあるよ!いつでもどうぞ

家紋作り体験
新聞記者体験
楽器作り体験
ノート作り体験

※(整)当日12時30分から受付にて整理券を配布
※対象年齢について会場マップ参照

【ライブ】
ホンモノの音楽をきくチャンスもあります! まずは、きく楽しみを味わってみよう!

● 義太夫:竹本京之助(太夫)、鶴澤弥々(義太夫三味線)
[16時20分~ 体験会といっしょに]
● スティールパン デモ演奏:Panorama Steel Orchestraメンバー 
[15時30分~ 発表会といっしょに]
● 相撲甚句披露:浦風冨道(元、西幕内筆頭敷島)
[閉会式 17時~]

会場マップ

クリックで拡大
ほくさい音楽博会場マップ

タイムテーブル

クリックで拡大
ほくさい音楽博タイムテーブル

会場アクセス

クリックで拡大
会場アクセス

回向院[東京都墨田区両国2-8-10]
JR総武線両国駅西口より徒歩3分、地下鉄大江戸線両国駅より徒歩10分

【注意事項】
※雨天決行。荒天の場合は中止させていただきます。天候不安の場合、イベント開催の有無につきましては本ページで告知します。
※「楽器作り体験」300円~、「ノート作り体験」500円~。飲食は有料。
※一部体験会・飲食はなくなり次第終了となります。
※駐車場のご用意はありません。駐輪場には限りがございますので、予めご了承ください。
※本プログラムは変更になる場合があります

ほくさい音楽博とは

ほくさい音楽博は、世界に名を轟かせた葛飾北斎への尊敬の念を込めて、北斎の生誕地でもある墨田区周辺地域の子供達に、世界中の響きの美しい楽器に触れてもらい、その歴史を学び、練習を重ね、発表会を行っていく音楽プログラムです。小さいうちから世界中の音楽や楽器の響きに直に触れ、彼の地を想像すること。子供たちが小さな好奇心を持ち続けて、いつしか葛飾北斎のように羽ばたき、世界に影響を与える存在になっていって欲しいと願っています。

昨年度の様子

主催:東京都 、アーツカウンシル東京(公益財団法人東京都歴史文化財団) 、特定非営利活動法人トッピングイースト
協賛:東京東信用金庫 、J:COM すみだ・台東 、国技館通り商店会 、回向院
後援:墨田区教育委員会 、一般社団法人 墨田区観光協会
協力:陸奥部屋
お問合せ:特定非営利活動法人 トッピングイースト
メール info@toppingeast.com
  • Panorama Steel Orchestra(スティールパン)

    1998年結成。プロ・アマあらゆる年齢・職業のメンバーで構成され、これまで数多くのスティールパンバンドのリーダーをも輩出してきた。結成より一貫して原田芳宏のオリジナル楽曲を演奏し、世界に向けてポジティブな音楽のメッセージを発信し続けている。フジロックフェスティバル、朝霧ジャムなど大型フェスにも出演。2015年スティールパン世界大会「インターナショナルパノラマ」に出場し9位入賞を果たす。

  • 竹本 京之助(太夫)

    舞台女優活動中に竹本駒之助の義太夫に出会い、平成16年入門、平成18年初舞台、国立演芸場「女流義太夫演奏会」「本朝廿四孝」十種香の段、郎党にて初舞台。平成27年3月義太夫協会新人奨励賞受賞。

  • 鶴澤 弥々(三味線)

    竹本弥之太夫に師事。平成18年国立演芸場にて、仮名手本忠臣蔵八段目道行旅路の嫁入りで初舞台。以後、素浄瑠璃(太夫と三味線のみ)にて出演。平成28年3月義太夫協会新人奨励賞受賞。

  • 原田 芳宏(スティールパン奏者)

    96年スティールパン奏者としてバンドPAN CAKEでデビュー。その後、本場トリニダード・トバゴに渡り、当時日本人としてははじめて現地オーケストラのメンバーとして世界最大のスティールバンドフェスを経験する。30人以上の大編成によるPanorama Steel Orchestraリーダー。

  • 久保田ガズ誠(ウクレレ奏者)

    長野県から上京しバンドを結成。ボーカル&ギター、作詞作曲&リーダー。CDリリース&全国ツアー活動のほか、アメリカ ロサンゼルスには2度に渡りツアーを敢行。その他ギタリストや作曲家として様々なプロジェクトに参加。三池崇史監督 劇場公開映画『FAMILY』の全挿入歌を提供。病気をきっかけに、小さくて簡単なウクレレの魅力に気づき、音楽は聴くものでなくやる時代だ!というメッセージをウクレレに託して、全国各地で出張教室を開催している。

  • アダチ正芳(サンバ)

    東京・浅草のサンバチーム『G.R.E.S.仲見世バルバロス』をはじめサンバカーニバルで活躍。ほくさい音楽博の体験会では、浅草サンバチームから精鋭を率いて参加。サンバ楽器の楽しさを子供達に伝える。

  • 浦風冨道(相撲甚句)

    元、西幕内筆頭敷島。現役時代は横綱貴乃花を初対戦から2場所連続破るという記録を残す。現在は公益財団法人日本相撲協会の審判員をしつつ、執筆活動、DJ、ボーカリスト、旨飲食探索人としても活動している自由人。

  • 志人(詩人)

    詩人、作家、作詩家、木こり。独自の日本語表現の探求により-ことば-に秘められた全く新しい可能性を示す-ことばの職人-。普段は京都の山奥にて木こりとして山仕事に従事、「杣連(そまれん)」という森林生態学研究チームの代表。昨年、維新派の松本雄吉演出による舞台『PORTAL』に主演。音楽表現のみならず舞台芸術、古典芸能の分野でも活躍する国内外から注目を集める表現者。