• join

寺尾紗穂 BLOOMING EASTリサーチレポート

東東京を舞台に、アーティストが自身の興味関心をもとにさまざまな人に会い、さまざまな場所に赴き、リサーチをしていくプロジェクト「BLOOMING EAST」。

2018年から、ミュージシャンで、文筆家の寺尾紗穂とともに、“戦災孤児とドイツ人宣教師を巡る、東東京の知られざる歴史”をテーマにリサーチを続けてきました。
(CINRA.NETによるリサーチレポートはこちら

消えゆく声に耳を傾けてきた寺尾紗穂によるエッセーをお届けします。




記事一覧
第1回 キュックリッヒ(2019.05.30)
戦前の墨田で宣教を行った一人のドイツ人女性の足跡を辿ります。

  • 寺尾 紗穂

    1981年11月7日生まれ。東京出身。大学時代に結成したバンドThousands Birdies' Legsでボーカル、作詞作曲を務める傍ら、弾き語りの活動を始める。2007年ピアノ弾き語りによるメジャーデビューアルバム「御身」が各方面で話題になり,坂本龍一や大貫妙子らから賛辞が寄せられる。大林宣彦監督作品「転校生 さよならあなた」の主題歌を担当した他、 CM、エッセイの分野でも活躍中。2014年11月公開の安藤桃子監督作品「0.5ミリ」(安藤サクラ主演)に主題歌を提供している。2009年よりビッグイシューサポートライブ「りんりんふぇす」を主催。10年続けることを目標に取り組んでいる。著書に「評伝 川島芳子」(文春新書)「愛し、日々」(天然文庫)「原発労働者」(講談社現代文庫)「南洋と私」(リトルモア)がある。